日本淡水魚の魅力と飼い方

Love fish

日本淡水魚の魅力と飼い方

日本の淡水魚でおなじみなものとしては、コイ(学名Cyprinus carpio)が代表的なものです。色彩が美しい錦鯉は、各地の公園にある池で飼育されています。淡水魚の中で、海水魚にも劣らないほどの人気があるのがアユ(学名Plecoglossus altivelis)であります。簗という文化は、各地の渓流沿いで発達してきました。昔ながらの簗場は減少傾向にあります。 日本の淡水魚の魅力は、生命力の強さと美しさであります。コイを飼育するときには、十分な広さのある池を用意します。井戸を掘ってあげて、きれいな水が確保できれば最良です。コイの魅力に取りつかれてしまう人も少なくありません。錦鯉の模様は、同じものが2つとないものです。金色のコイは特に珍重されます。 身近な川にいるドジョウも魅力です。最近は農薬を多用する農業が盛んとなったため、用水路でドジョウを見かけることが減ってしまいました。水槽でドジョウを育てる場合は、ポンプで空気を送るようにしてあげます。

 

Copyright(C) 2009 Love fish All rights reserved.